どうすればいい?iPhoneを水没させてしまった時の対処法とは?

iPhoneを水没させると

iPhoneを水没させてしまうと、画面の映り方に問題が発生したり、操作ができなくなったり、データが消失してしまったりと、様々な不具合が発生する可能性があります。そして、修理をしなければ、動かない状態になってしまう事も少なくありません。
ただ、水没をして不具合が出るのは、内部まで水が入りこんだ場合です。外側に水がついただけの状態であれば、修理に出さなくても、そのまま使える可能性があります。
この時に、注意をしておかなければいけないのが、水没後の対処です。手順や方法を間違え、iPhoneの内部に水が入ってしまうと、修理に出す必要が出てきます。その為、水没をさせてしまったら、慌てず落ち着いて対応をする事が大切です。

水没後に行う対処法は

iPhoneを水没させてしまった場合、まずしておきたいのが、電源を切る事です。そのままにしておくと、不具合が出る可能性があるだけでなく、ショートをする原因にもなってしまいます。
カバーは内側に水が入り込む原因となるので、取り外しておく事が大切です。そして、SIMカードも取り除き、水分を綺麗に拭き取り乾かしておきます。
その後、本体の水分を取り除いていく事になりますが、この時に重要になるのが、振らないようにする事です。本体を振ると内側に水分が入り込む可能性があるので、ディッシュで包み、優しく乾かしていきます。
完全に乾燥してから、電源を入れてみて、不具合がなければ、対策は完了です。
ただ、電源が入らない、不具合があるという場合は、修理に出す必要があります。